ダイエット食事

ダイエットに朝食は必要なのか?パーソナルトレーナがお答えします!

本記事の内容

現代人は、朝食を食べない人が多く、特に若年層で多くなっています。

ダイエットは、カロリーを抑えることができれば、体重は減ります。

朝食を抜けば、必然的に摂取カロリーが減り、痩せるのでは?

今回は、朝食を食べない方がダイエット成功するのか?

朝食は食べた方が良いのか?

実際のパーソナルトレーニングの現場でも、アドバイスしている内容を紹介します。

ダイエットに朝食は必要なのか?

ダイエットを成功させるために、朝食は...

"必要"

食べた分、摂取カロリーは増えますが、必要です。

なぜ、朝食が必要なのか?

ダイエットに朝食が必要な理由

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 1日のネルギーを確保
  • 代謝のスイッチON

血糖値の上昇を抑える

朝食を抜いた場合、昼食が1日の最初の食事になります。

前日の夕食を20時に食べた場合、昼食が12時とその間なんと

"16時間"

これだけ長く間隔が空いてしまうと、空腹に昼食を入れることになります。

さらに、昼食は比較的量が多くなりやすく、パスタや丼もの、ラーメンなどハイカロリーになります。

空腹にガッツリ入ると、血糖値は急上昇します。

ダイエットを成功させるポイントは、血糖値を乱高下させないことです。

ということで、朝食を抜くと昼食時に血糖値が乱高下して痩せるどころか、太ってしまいます!

1日のエネルギーを確保

朝食は、1日のエネルギーを確保する役割があります。

朝食の果物は、身体を動かすためのエネルギーになるだけでなく、日中に受けるストレスを軽減する働きや、集中力を上げ仕事のパフォーマンスを向上してくれます。

朝食を抜いて、昼までボーっとして、昼食を食べたら血糖値が乱高下して眠たくなる...

いつ仕事に集中できるの?ってなります。

良い朝食は、良い1日のスタートです。

代謝のスイッチON

ダイエットを成功させるためには、体内時計を正常に保つ必要があります。

体内時計を正常に保つためには、朝に身体に朝だと認識させることが重要です。

身体に朝だ!と認識させる2つの方法があります。

  • 朝食を食べる
  • 太陽を浴びる

この2点ができて、身体は朝だと認識し、代謝をスタートさせます。

朝食を抜くと、昼まで身体は寝たままなので、その間の代謝はとても効率が悪くなっています。

茹で卵1個でもよし。

プロテインだけでもよし!

まずは、少しでも良いので朝食を身体の中に入れましょう。

ギリギリまで寝て、朝食なしではいつまで経っても痩せることができません!



-ダイエット食事

© 2021 痩せナビ Powered by AFFINGER5