LINE
お問合わせ

【肩こり、首こり】身体の不調は食事で治す|根本治療

ストレッチ

体調が悪い時、薬で治してませんか?

これは対処療法といって、その時の痛みや不調を取り除くものです。

根本的に治すものではありません。

原因は生活習慣や食事にあります。

この原因を改善しない限り、また不調があなたを襲う事でしょう!

そしてまた、薬をのむ。

この繰り返しで身体はどんどんボロボロになっていきます。

取り返しのつかなくなる前に、根本治療を行いましょう。

今回は多くの方が抱えている不調

肩こり、首こり

を食事から改善する方法を紹介します。

肩こり、首こりの原因

1.冷え

夏は室内に入ると、どこに行っても冷えてます。

デパートなんてこれでもかってくらい、キンキンに冷えてますよね!

食事も熱々の鍋ではなく、冷たくてさっぱりした食事が多くなります。

このような習慣で身体は芯から冷えてしまい、血液の巡りが悪くなってしまいます。

夏こそ、身体を温める食事を意識しましょう!

有効な食事

ねぎ、生姜、シナモン、ニンニク

これらの食材をしっかり食べて、身体を温めましょう。

汁物が一品入るだけでも大丈夫です。

生姜は調理方法によって

身体の熱を冷ましたり、暖めたりしてくれるのでこちらの記事を参考にしてください↓

2.ストレス

ストレス社会と言われる世の中で、これも血の巡りが悪くなり肩こりの原因となります。

ストレス源を取り除くのが1番ですが、そう簡単にはいきません!

そこで大切なのでストレスを感じた時に出る、悪いホルモンをやっつけるビタミンをしっかり摂る事です。

有効な食材

果物

果物にはビタミンが豊富に含まれます。

食べるタイミングは*朝

朝食で食べた果物のビタミンが働き出すのが、お昼以降です。

最もストレスを感じる時間帯にビタミンを働かせるために、朝食に果物を摂り入れましょう。

果物だけだと冷たく、身体が冷えてしまい血液の巡りが悪くなります。

暖かい食事とセットで食べましょう。

有効な生活習慣

ストレスを強く感じると、呼吸をする時に吸う方が極端に多くなります!

うまく吐けない状況に陥ります!

呼吸が上手く吐けずに吸う量が多くなると、肩周りの筋肉を過度に使いコリの原因となります。

吐く時に肩は下がり、吸う時に肩が上がります。

呼吸は1日およそ20,000回行われています。

ストレスを感じて吸う方が優位になると、20,000回肩をすくめていることになります。

それはコルのも当然ですね!

ストレスを感じたり、イライラした時は深呼吸でしっかり息を吐きましょう!

肋骨に両手を当てて、息を吐き切ると肋骨が内側に閉まってくるのが分かります!

肋骨がしっかり内側に閉まるまで吐き切るのがポイントです。

最初は苦しくて大変かもしれないですが、慣れてくるので継続して行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました