LINE
お問合わせ

【回復】風邪をひいた時はこの食事

日常

風邪をひいたら一日でも早く治したいですよね!

今回は一日でも早く回復するために、症状別に必要な食事を紹介します。

風邪を早く治す方法

症状別の食事を紹介する前に、どんな症状でも共通して大事な事が3つあります。

・栄養

・保湿

・安静

栄養

体力の回復、免疫力を上げてくれるための成分をしっかり補給しましょう。

良いものを食べれば早く回復しますが、食欲があるからと言って好き放題食べてると治るのが遅くなるどころか悪化する場合もあります。

保湿

乾燥するとウイルスが体内に侵入しやすくなるので、室内の湿度を一定に保ち喉や鼻の乾燥を防ぎましょう。

この時期は乾燥が気にならないですが、冬は要注意です!

安静

ただでさえ落ちている体力を、活動してさらに減らすのは悪化の原因です。

無理して仕事に行ってもパフォーマンスが上がらず、回復も遅くなり悪循環です!

なるべく安静に過ごしましょう。

この3つをしっかり守ったうえで、症状別の食事を行いましょう。

発熱、寒気

水分補給をしっかり行い、栄養価が高くて消化の良い食材を選びましょう。

脱水症状をしっかり予防しましょう。

熱によって消費される、ビタミンA.C.B1を摂りましょう。

ビタミンA

レバー、青菜、にんじん

ビタミンC

アセロラ、パプリカ、ブロッコリー

財宝 アセロラ 果実 (冷凍) 1kg 家庭用 訳あり 沖縄県 石垣島産

新品価格
¥1,980から
(2020/7/19 01:03時点)

 アセロラはビタミンCの含有量がトップクラスです。

冷凍保存していつでも食べれるように、備えておくと良いです!

ビタミンB1

豚肉、玄米

喉の痛み、咳

粘膜に効くタンパク質と、ビタミンA、Cが重要。

喉が痛い時は、堅いものなど固形物の摂取が難しくなります。

調理方法は柔らかくしたり、すりつぶす、片栗粉でとろみをつけるなどして食べやすくしましょう。

ビタミンCの含有量が多いのはパプリカやブロッコリーですが、イチゴやオレンジからの方が無理なく摂取できるので果物がおすすめです。

タンパク質

豆腐

ビタミンA

にんじん、メロン、ほうれん草

ビタミンC

アセロラ、イチゴ、オレンジ

鼻水、鼻づまり

喉の痛みと同様、粘膜の回復をたすけ免疫力を上げましょう。

必要な栄養は喉の痛みと同様ですが、タンパク質で免疫力を上げるためにお肉や魚の摂取がオススメです。

喉が痛い場合は摂取が大変なので豆腐からタンパク質を摂りますが、鼻水であれば喉は元気なのでより高タンパクな肉、魚を食べましょう。

吐き気

炎症を抑える胃に優しい食事をしましょう。

はじめのうちは食事を避け、水分補給を中心に行いましょう!タンパク質や油の多い食事は避けてください。回復してきたらおかゆや野菜スープで少しずつ固形物を入れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました