LINE
お問合わせ

【ダイエット】1日1回は魚を食べよう

栄養

最近いつ魚食べましたか?

昨日、今日で魚を食べた人はOKです。

継続して明日も食べてください!

いつ食べたか思い出せない方、お肉ばっかり食べてませんか?

痩せたいなら、お肉より魚です!

本日は魚が食べたくなるように、魚の良さをお伝えします。

魚を食べる理由

私たちの体は常に毒に犯されてます。

お菓子、油などの食からの毒や、排気ガスなどの空気からの毒。

普通に生活しているだけでも毒だらけです。

毒にまみれた身体は炎症を起こします。

肌荒れや疲労、病気など様々ありますがこれは、身体の中で炎症が起きてそれを処理するために起こる症状です。

魚に含まれるEPA/DHAはこの炎症を抑制してくれます。

お菓子をたくさん食べると身体が炎症を起こし、体から毒を出す為にニキビをつくりそこから毒素をだします。

EPA やDHAを摂取すると、ニキビになる前にこの毒の処理をしてくれます。

魚はタンパク質も豊富ですが、EPA/DHAもたっぷり含まれるので、1日1品少なくても一週間の半分は魚を食べる習慣にしましょう。

EPA/DHAは炎症抑制だけでなく、血液サラサラ効果もあります。

血液サラサラになると様々なメリットがあり、動脈効果など生活習慣病の予防はもちろん女性のお悩みで多い浮腫対策にも効果的です。

こんなに良い効果たくさんあるのに

魚はお肉に比べて食べる回数が少ないです。

その理由に

・グリルで焼くのが面倒

・生ゴミが出る

このような理由がありますが、そんな時は缶詰を活用しましょう!

最近は魚の缶詰も種類がたくさんあるので、選び放題です。

蓋開けるだけで調理完了なので、面倒な手間は一切ないです!

缶詰はちょっとクサイかも!って場合は

刺身がいいです!

刺身なんて切ってあるやつ買えば、これもフタ空けるだけで食べれます。

わざわざグリルで焼いて、面倒くさい洗い物増やす必要なしです!

コンビニでも魚が手軽に買える時代です。

お肉焼くほうがよっぽど手間なので、魚を食べる頻度増やしていきましょう。

さらに旬の魚は栄養価も高く、味も絶品なので夏に旬を迎える魚をたくさん食べてください。

旬の魚が気になる方はこちらの記事をご覧ください。

お肉と魚の大きな違いは脂です。

お肉の脂は体に炎症反応を起こし、魚の脂は炎症を抑制してくれます。

かと言って、あんなに美味しいお肉を食べないわけにもいかないです!

大事なのは頻度です。

お肉も食べるけど、魚もたくさん食べる!

食を楽しみながら、健康で美しい体を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました