LINE
お問合わせ

【徹底解説】ビタミンってそんなに重要?|Part1

栄養

ビタミンが体に良いのはわかるけど、何がそんなに良いの?

今日は生きる上で超重要な、ビタミンについて徹底解説していきます。

ビタミンを理解すれば、エステやジムで意味のない高額ぼったくりサプリ買わなくてもよくなります。

ビタミンの重要性

ビタミンってよく車に例えて紹介されるので、僕も真似して車に例えてみます…

車はガソリンがないとエンジンが動かないので、走ることができません。

ガソリン(走るためのエネルギー)は人間で例えると三大栄養素です。

人間も三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)がないと走れません。

ガソリンだけではまだ、車も走ることができません!

そう!エンジンオイルが必要なんです!

オイルはエンジンがスムーズに動くように働きます。

このオイルに当たるのがビタミンです。

三大栄養素のエネルギーを食べる→そのエネルギーを有効に使って体を動かすようにしてくれているのがビタミンです。

ビタミンがないと体は動きません!

車もオイルがないと動かないのと同じです。

車のエンジンオイルの重要性を知っている人なら、この例えでビタミンがいかに重要かわかりますが、女性で車に関心がないとエンジンオイルって何やねん!!ってなりますよね…

エンジンオイルの重要性は理解しなくてもいいです!

でもビタミンがめちゃくちゃ重要だと言うことはわかってください!

(それと同じくらいエンジンオイルも重要なので、定期的にオイル交換もしたほうがいいですよ…)

ビタミンは全部で13種類あります。

今回はその中でも炭水化物をエネルギーに変えるビタミンを紹介します。

炭水化物をエネルギーに変える

お米やパン、麺といった主食には炭水化物が含まれます。

なぜこれらの食材が主食になっているかと言うと、最もエネルギーとして使われるからです。

そしてエネルギーとして効率よく使うために必要なビタミンが

ビタミンB1

糖質をとってもビタミンB1が不足すると、せっかく摂取した糖質もエネルギーになることなく脂肪として蓄積されます。

太る原因に糖質の食べ過ぎがありますが、ビタミンB1が不足して糖質がエネルギーとして使われず、脂肪として蓄積され太ると言うこともあります。

炭水化物(糖質)を食べるときはビタミンB1と一緒に摂取するのを心がけましょう。

ビタミンB1が多い食材

・豚肉

・レバー

・玄米

豚肉にはビタミンB1がかなり含まれます。

ご飯のおかずにも合う食材なので、摂取しやすいですよね!

食べたご飯をエネルギーとして使うためには、豚肉のビタミンB1が必要です!

玄米にもたっぷり含まれています。

玄米最強かよ!

玄米の糖質をエネルギーに変えるには、玄米のビタミンB1が必要!

つまり、玄米だけ食べとけば大丈夫!

玄米はそのほかにも最強な要素がいくつかあるので

気になる方はこちらの記事を…

玄米と豚肉とか最強の組み合わせですね!

まとめ

栄養は単体で摂取しても効率が悪いです!

ビタミンと一緒に摂取して、食べたものを効率よくエネルギーに変えていきましょう。

主食である、炭水化物(糖質)をエネルギーに変えるのは、ビタミンB1です。

多く含まれる食材は、豚肉、レバー、玄米!!

脂質をエネルギーに変える

タンパク質を吸収させるビタミンもあるので、順番に紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました