LINE
お問合わせ

夏が旬の魚知ってますか?|旬ものは高栄養

栄養

旬の野菜は栄養価が高いということは、みなさんご存知ですね?

野菜だけでなく、魚も同様に旬のモノは栄養が高くなります。

何を基準に旬なのか?

例外もありますが、産卵前の魚を旬と呼びます!

人間も同じですが、出産に備えてお母さんの体は栄養をたくさん貯め込みます!

だから旬の産卵前の魚は栄養たくさん蓄えてて、高栄養な食材となります。

逆に産卵後の魚は、体力が奪われて、栄養も味も落ちてしまうそうです。

今回は夏に旬を迎える魚を紹介するので、明日スーパーで魚買ってください!

夏が旬の魚

夏の魚といえば

アジ

マックスバリューのアジちょっと高いけど、美味しいので仕方ないですね…

我が家の定番は

アジのなめろう

普段は奥さんがご飯を作ってくれますが、ステーキ焼く、オムライスに卵をのせる、なめろうは僕の担当です!

なので、今回は特別になめろうのレシピをお伝えします。

マックスバリューに行く

アジの値段を確認

定価だと今晩なめろうは中止

30%OFFだとなめろう食べれます

(ここからレシピ)

□アジの刺身を細かくたたきにする

大葉ー適当

生姜ー適当

みそー適当

ニンニクー大量

ネギー大量

これを混ぜて完成!

出ました!ニンニク!

昨日のブログ読んでくれてますか?

旬の魚と旬のニンニクの最強コラボです!

まだニンニクパワーを知らない方は読んでください。

そのほかにも夏が旬の魚はたくさんあります!!

・うなぎ

・あゆ

・キス

・ハモ

夏の魚の特徴は低脂質、高タンパクです!

タンパク質でブリンブリンなので、体を引き締めたい人には最適な食材です。

うなぎも一見ハイカロリーに見えますが、白焼きはさっぱりです!

食欲の低下しやすい夏でも、旬の魚はさっぱり系が多いので食べれそうですね!

さっぱりしているくせに、良質な脂質が同時に摂れるのも優れている点です!

脂質は体に必須な栄養素で、少なくなると肌がカサカサになったり美容にも悪影響です。

暑い夏に脂っこいモノは食べる気になりませんが、魚の油なら脂っこくないので食べやすいです!

まとめ

旬の魚は栄養価が高い

夏に旬を迎える魚は、さっぱりした魚が多く高タンパクなのが特徴!

食欲が低下しやすい夏でも食べやすいです。

・アジ

なめろうにしてニンニクたっぷり入れると、夏バテ防止にもなります。

・うなぎ

土用の丑の日は、うなぎを食べてスタミナつけましょう!

・あゆ、キス、ハモ

食べる機会は少ないですが、居酒屋や和食で見つけたら即注文してください!

旬の魚で暑い夏を乗り越えましょう!

タイトルとURLをコピーしました