【ストレッチ】腰のだるさを解消するストレッチ | 名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

【ストレッチ】腰のだるさを解消するストレッチ

トレーニング

腰に悩みがある方、必見です!

年を重ねると腰の悩みも多くなって来ますよね!

今回は腰痛の仕組みを理解して、改善するためのストレッチを紹介します。

(病院で分離症やヘルニアと診断されている方は無理に動かさないでください)

なぜ腰痛は起こるのか?

日本人の80%が生涯において、腰痛を経験するといわれています。

症状は様々ありますが、主に腰回りの筋肉に原因があります。

猫背や反り腰など姿勢が崩れることにより、腰に過度な負担がかかり、腰回りの筋肉が固まってしまい、痛みが出てしまいます。

姿勢が崩れる原因

姿勢の崩れが腰痛の原因となりますが、どのような時に姿勢が崩れてしましまうのか?

不良動作

歩いたり運動したりする際に、間違った体の使い方をしてしまうと姿勢が崩れ、腰痛の原因となります。

筋トレで姿勢が崩れる人も多いですが、これは完全にトレーナーの力量不足です。

素人パーソナルトレーナーには要注意です!

長時間の同一姿勢

デスクワークで長時間座りっぱなし、立ちっぱなしは骨盤の位置が変化しやすいことで、姿勢が崩れやすくなり腰痛を悪化させます。

つまり…

姿勢が崩れる=腰に負担がかかり腰痛

ということです。

腰が痛いからといって、腰をマッサージしても治らないです!

原因は姿勢にあるので、姿勢を直さなければ腰痛が治ることはありません。

それでは早速姿勢を直していきましょう!

目的は姿勢を整えて腰痛を楽にするです。

今回は2つの姿勢タイプに分けて考えましょう。

・体を丸めた時に腰が痛い人

・体を反った時に腰が痛い人

体を丸めた時に腰が痛い人

主な症状

・下にあるものを取ろうとした時

・靴下を履く時

・しゃがみこんだ時

・長座を長く続けた時

このような時に痛みが出る方は

太ももの後+お尻

が硬くなっている可能性が高いのでストレッチを行いましょう。

この辺りが固くなっています。

この辺りを伸ばす意識で、次のストレッチを行いましょう。

IMG_7298 3

IMG_7299 3

体を反った時に腰が痛い人

主な症状

・立ち姿勢から体を後ろに反らせた時

・椅子から立ち上がる時

・高いところの物を取った時

このような時に痛みが出る方は

太もも前+ 腸腰筋

が硬くなっている可能性が高いのでストレッチを行いましょう。

この辺りが固くなっています

この辺りを伸ばす意識で、次のストレッチを行いましょう。

まとめ

腰が痛いといっても、原因は人それぞれ違います。

痛くなるタイミングで原因となる筋肉が違います!

間違った箇所を伸ばすと腰痛が悪化する場合もあるので、どのタイミングで痛くなるのかしっかり把握してください。

ストレッチのやり方や、原因がわからない方はコメントやメールで連絡いただければ可能な範囲でアドバイスさせていただきます。

痛みがある場合は決して無理して動かさないようにお願いします。

デスクワーカーの方は座っている時間が長く、骨盤も歪みやすいのでクッションを活用するのもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました