【美容】コラーゲンだけで美容は保たれない? | 名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

【美容】コラーゲンだけで美容は保たれない?

日常

女性の方なら誰もがコラーゲンという栄養素を聞いたことがあるのではないでしょうか?

コラーゲンは体の組織の維持に欠かすことのできない成分で、

肌のみずみずしさを保つ効果もあることから、

美容目的で摂取している人も多いと思います。

 

そんな女性に大人気のコラーゲンですが、実はそのまま食べてもあまり意味がないです…

なぜなら、コラーゲンは食べ物から摂取しなくても体内で作られる成分だからです。

コラーゲンで美肌を保ちたい場合は、コラーゲンを摂取するのではなく体内でコラーゲンがしっかり作られるよう必要な栄養を摂取することです。

体内でコラーゲンを作る為に必要な2つの栄養素

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを作る為の材料となってくれる栄養です。

ビタミンCが不足すると、コラーゲンが生成されずにコラーゲン不足となり、肌の張りがなくなります。

それだけでなくコラーゲンの不足は骨までも弱くし、骨粗鬆症のリスクも高めてしまいます。

果物、野菜を積極的に食べて、コラーゲンをたくさん作れる体を目指しましょう。

タンパク質

タンパク質の役割は、筋肉の為だけではありません!

もう一つの重要な役割は、コラーゲンの生まれ変わりをサポートすることです。

食事からしっかりタンパク質が摂取できると、体の中にある古いコラーゲンが分解され、新しいコラーゲンが作られます。

逆にコラーゲンにとって悪い栄養素が

糖質&脂質

コレらの過剰摂取はコラーゲンの正常な働きを妨げます。

そうなると一気に肌の潤いは奪われてしまいます。

糖質と脂質が全て悪いというわけではないです。

・糖質は良い糖質を

・脂質も良い脂質=オメガ3、魚に含まれる油

体にとって良い糖質や脂質が入ると、ダイエット効果だけでなく、美容効果も高くなるので

お菓子やスナック菓子を減らして、玄米や蕎麦、魚を積極的に摂取していきましょう。

コラーゲンの減少は老けの原因

肌の艶や潤いを与えてくれるのはコラーゲンですが、

このコラーゲンが少なくなってしまうと潤いがなくなり、

たるみが出来ます。

20歳を過ぎたあたりから徐々に減少して、40歳になる頃には半分くらいに減少してしまいます。

何も対策をせずに生活していると、40歳になる頃には老けるに決まってますよね…

年齢と共にコラーゲン減少するのは当然なことなので、先ほど挙げた

・タンパク質

・ビタミンC

をしっかり食べて、対策を行いましょう。

 

ビタミンCが多く含まれる食材

・パプリカ ・ゴーヤー ・ブロッコリー ・キウイ

 

タンパク質が多く含まれる食材

・肉 ・魚 ・大豆製品 ・卵

 

こららの食材を積極的に食べて、体内でコラーゲンを生成しましょう。

タイトルとURLをコピーしました