夏こそ生姜!生と加熱で変わる生姜の栄養素 | 名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

夏こそ生姜!生と加熱で変わる生姜の栄養素

栄養

みなさん生姜の凄さ知ってますか?

大抵の野菜は加熱すると栄養価が下がると言われますが、生姜は加熱しても栄養価が下がるどころか別の効果をもたらす栄養に変化します。

今回はそんな生姜のパワーを紹介していきます。

生の生姜

生の生姜はお寿司や煮魚のお供として大活躍します。

生の生姜に含まれる成分はジンゲロールという成分で、魚の臭みを消してくれます。

その為、魚にはよく生姜がセットになっているんですね!

さらに、強い抗菌作用もあるので食中毒の原因菌の殺菌作用もあり、生魚のお供として大活躍しています。

さらにさらに、解熱効果もあるので風邪のひき始めに摂取すると熱を下げてくれます。

あれ…?

生姜って体を温めるのでは?と思った方。

ここでも生の生姜と加熱の生姜で違いが出て来ます。

熱が出た時は生姜をすり下ろして、生の状態で摂取すると解熱作用で熱は下がりますが、風邪も引いてない冷え性の人が生の生姜を食べるとさらに体が冷えて逆効果になります。

反対に加熱した生姜はご存知の通り、体を芯から温める効果があるので熱の時に食べてしまうと余計に体温を上げてしまう可能性もあります。

このように生の生姜と、加熱した生姜で真逆の効果になるので体調や目に合わせて調理できると良いです。

加熱した生姜

生だとシンゲロールという成分でしたが、加熱することでショウガオールという成分に変わります。

加熱することでさらに健康に優しい効果が+されます。

加熱しても抗菌効果は持続されたまま

・抗酸化作用

・コレステロールの減少

といった効果が追加されます。

抗酸化作用について詳しく知りたい方はこちらから

加熱した生姜は、体を芯から温める効果があるのでダイエットにも効果的です。

冬は体が冷えるので、芯から温めないといけない!というのはみなさん知っていると思います。

実はクソ暑い夏も温めないといけないんです!

その理由は普段の食事にあります。

暑い夏は、冷しゃぶや、素麺など冷たい食事が多くなります。

冷たい食事ばかりになると、体が冷えてしまい代謝の機能が低下します。

さらにオフィスやショッピングセンターはエアコンガンガンに効いているので、さらに体が冷えます。

そんな夏こそ、汁物などの暖かい食事や加熱した生姜で体を芯から温める必要があります!


まとめ

・生姜は生と加熱で栄養が変わる

・生は体を冷やす

・加熱は体を温める

そのほか、抗菌や抗酸化作用も高くダイエットにも効果的な食材なので暑い夏に、痩せたい人に、綺麗になりたい人におすすめの食材です。


タイトルとURLをコピーしました