LINE
お問合わせ

肩こりの原因は呼吸にある!?

トレーニング

肩こりでお悩みの方、マッサージに行っても無駄ですよ!

コリは、筋肉を使いすぎて硬くなる状態です。

マッサージは硬くなった筋肉をほぐしてくれるので、一定期間は楽になります。

でもまた、使いすぎてすぐ硬くなって肩こりなります。

ほぐす→硬くなる→ほぐす→硬くなる

この無限ループをいつまで続けるんですか?

一番手っ取り早いのは

筋肉を硬くしない=使いすぎない

コレができれば、マッサージなんて行かなくていいです。

では、どんな時に筋肉が硬くなるのか!

まずはそこから理解して行きましょう。

息の吸い過ぎで硬くなる

みなさん、無意識に行っている呼吸ですが、1日に何回呼吸するか知ってますか?

その数なんと

20,000回!!

呼吸は無意識に行っていますが、筋肉を使って呼吸が行われています。

つまり、20,000回筋肉が使われていると言うことです。

毎日20,000回スクワットやったらどうなりますか?

脚パンパンになりますよね?

コレと同じことが無意識のうちに行われています!

息を吸う時に使われる筋肉が、肩周りの筋肉です。

コレが肩こりの原因となる筋肉です!

1日20,000回、肩周りの筋肉を使ったら筋肉硬くなって、パンパンにもなりますよね!

現代人は呼吸をうまく吐けずに、吸う割合の方が多くなっています。

イライラしたり、悩み事が多い、こんな時は圧倒的に吸う量が多くなります。

自分の呼吸を意識してみてください、しっかり吐けてますか?

携帯見ながら、呼吸止まっていませんか?

大事なのはしっかり吐くことです。

うまく吐くことができれば、肩周りの筋肉は使わないので硬くならずに、肩こりにもなりません。

吐くトレーニング

・風船を膨らます

・1日に5~6回は深呼吸を取り入れる

風船は100均にあるので買ってください。

深呼吸は今すぐにでも出来ますね!

コリを感じた時はセルフストレッチ

 

マッサージなんて行かなくてもしっかり呼吸を吐いて、セルフストレッチを行えば十分です!

意識するポイントとしては肩をしっかり下げることです!

肩こり=肩が上に挙がっている状態なので、それと真逆の動きをしましょう。

携帯の見過ぎも要注意です。

携帯見ている時は頭が前に出ちゃいます。

頭の重さ5~7 kgと言われています。

首の上に7kgの重りがのっていて、その位置が少し前にずれるだけで

首の負担がとんでもないことになります。

コレも肩こりの原因になるので頭の位置が前に出過ぎないよう、

顎を引いて常に天井から引っ張られている感覚を持ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました