生理痛を酷くする食事 | 名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

生理痛を酷くする食事

日常

生理痛に悩まされている女性の方へ

月経の約1週間前〜月経が終わるまで、2週間不快な症状はつづきます。

この期間を年に換算すると、人生のおよそ10~13年の間苦しむことになります。

これは仕方ない事だと、諦めてませんか?

生理痛は食事によって酷くもなるし、楽にもなります。

今回は生理痛を緩和する方法を紹介します。

生理痛を悪化させる食事

カフェインを含む食べ物

カフェインは血管を縮める作用があるため、飲みすぎると血行が悪くなります。
血行が悪くなると子宮の筋肉がガチガチに固り、上手く子宮内膜を排出できなくなります。
排出しようとさらに頑張ってしまい、さらに強い子宮収縮が起こり生理痛がひどくなります。
カフェインを含むコーヒー、紅茶は大量摂取をしないように気を付けましょう。

・肉や揚げ物、マヨネーズなどの油

常温で個体の油には特に注意。

お肉の脂は、常温の時個体になってますよね?

この脂は要注意です!

質の低い脂は生理痛を酷くします!

それだけでなく、肌荒れやアレルギーといった炎症反応を

さらに酷くします!

質の高い油を含む魚やナッツ類を食べると生理痛は緩和されます。

・アルコール

生理前〜ホルモンバランス乱れ、普段以上にビタミンやミネラルか必要になります。

そんな中、お酒を飲んでしまうと通常回復に使いたいビタミンやミネラルがアルコールの処理に使われてしまいます。

結果、さらに栄養が足りなくなりホルモンバランスが乱れ、生理通が酷くなります。

お酒とうまく付き合う方法はこちら→

体を冷やす食事

体を冷やす食事は血行を悪くし、生理痛を酷くします。

サラダだけ、フルーツだけといった食事は栄養価高くても体を冷やします。

これからの季節は暑くなるにつれて、冷たい食べ物の頻度が多くなるので要注意。

お味噌汁やスープも一緒に食べて体を温めましょう。

生姜など追加して芯から温めれると完璧です!

まとめ

・カフェインを避ける

・常温で個体の油は避ける

・アルコールは控える

・体を冷やさない

生理痛のひどい方、上記の食事内容で当てはまる事はありませんでしたか?

生理痛にはもちろん個人差がありますが、食事で改善できることもあります。

悪い食生活は、合計10~13年の時間生理痛に悩まされることになります。

その間、仕事のパフォーマンスも下がり、イライラすることも多々あると思います。

食習慣を整え、生理中の不快感も緩和されれば、多くのメリットを得ることができるでしょう。

まずは生理前3日から食事を整えて、違いを感じてください。

できたら、次回は1週間前から行い、さらに不快感を取り除きましょう。

これで10~13年分、元気で遊ぶことができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました