名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

朝食にフルーツを食べるメリット・デメリット

日常

健康や美容に良いフルーツも、物によっては糖分が多いのでダイエット中は食べない方がいい物があります。

目的別に合わせてフルーツを食べましょう。

フルーツを食べるメリット

栄養の宝庫と言われるフルーツは、食べることによって多くのメリットがあります。

美肌効果抜群のビタミンが豊富に含まれる。

美肌にビタミンは必須です。

高いスキンケアグッズをいくら買っても、体の中が汚れていると美肌にはなれません。

体の中から美肌にアプローチしてくれるビタミンは、フルーツから沢山摂ることができます。

美肌はもちろんですが、抗酸化作用のある栄養もたっぷり含まれているのでアンチエイジングにも効果的です。

腸内環境を整えダイエット効果アップ

フルーツには便秘を改善する食物繊維が含まれています。

朝〜昼にかけては排出の時間と言われています。

朝にフルーツを食べることで便秘が解消し、腸内環境が整います。

ストレスを撃退

人はお昼過ぎあたりに最もストレスを感じます。

ストレスを感じると、体に良くないホルモンが沢山分泌されます。

このホルモンが分泌されると、怠慢感や疲労、肌荒れなどの原因となります。

このホルモンをやっつけるには、朝のビタミンが必要!!

朝ビタミンを摂ると、お昼くらいにビタミンの効果が発揮され始めて悪いホルモンと戦ってくれます。

ムカつく上司のストレスも、朝のフルーツでやっつけましょう!

浮腫改善で美脚効果

フルーツにはカリウムという栄養素が含まれています。

カリウムは、体内の不要な塩分を排出する役割があります。

不要な塩分が排出されることによって、余分な水分も体から排出されます。

浮腫が気になる日や、少し食べすぎたなと思う日はフルーツを食べましょう。

フルーツを食べるデメリット

体に良いフルーツですが、場合によっては食べない方がいいこともあります。

太りやすいフルーツがある

栄養価の高いフルーツでも中にはカロリーが高く太りやすいものも合います。

フルーツの糖分は、体の中に入ると脂肪に変換されやすい糖分です。

食べ過ぎには気をつけましょう。

ダイエット時でもベリー系のフルーツは比較的良いと言われています。

体を冷やしてしまう

朝は体温を上げたいのですが、キンキンに冷えた果物を沢山食べると体が冷えて、代謝が低下したり、睡眠の質が低下する可能性があります。

常温で食べるか、暖かいものも一緒に食べるのがおすすめです。

おすすめのフルーツ

・バナナ=睡眠の質が悪い人におすすめ

・キウイ/イチゴ=美容&抗酸化作用

・柑橘系=疲労回復

・ベリー系=ダイエット時でもOK

まとめ

目的に合わせて果物を選んでいきましょう。

昼、夜の食事もうまくコントロールできている場合は

果物を食べながらでもダイエットができます。

普段の食事も乱れまくり、果物も大量

これではせっかくのフルーツ効果も台無しで太ります。

フルーツの良さを活かすためにも

フルーツ以外の食事もしっかり整えていきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました