【食事】ダイエットに大切な3つの習慣|健康的に痩せる方法 | 名古屋、栄のパーソナルトレーニング

LINE
お問合わせ

【食事】ダイエットに大切な3つの習慣|健康的に痩せる方法

栄養

ダイエットしたいけど、うまく痩せれない。

痩せてもすぐにリバウンドする。

そんな方にダイエットに必須の3つの習慣を紹介します。

ダイエットに大切な3つの食事習慣

ダイエットを効果的に進め、リバウンドを防ぐには習慣が重要です。

習慣ではなく一時的に、糖質カットやカロリー制限を行って痩せても、もとの生活習慣に戻ってしまえば必ずリバウンドします。

継続できる、正しい習慣を身につけてダイエットを成功させましょう。

・夜ご飯は量を少なくする

夜<朝<昼

お昼ご飯は一番多く、夜ご飯は一番少ない量にしましょう。

1日の食事を思い返してみてください。

夜ご飯のボリュームが一番多くなっていませんか?

なぜ、夜ご飯が多いとダメなのか?

・寝るだけなのでエネルギーをつかわない。

・睡眠の質が低下する。

・カロリーオーバー

お昼は活動が活発になるので、食べたものをエネルギーとして燃焼してくれます。

夜は寝るだけなので、余分に食べすぎると食べたものが蓄積されやすくまります。

お昼にランチやお弁当でしっかりご飯を食べた時、夜もたくさん食べてしまうと単純にカロリーオーバーです。

夜にお腹空いてしまう、という方は汁物を入れると満腹感でます。

・野菜or汁物を先に食べ切る

最初にサラダから食べましょう。

これは良く聞くフレーズですが、ポイントは最初に全て食べ切ることです。

1口、2口サラダを食べて、おかずにご飯はダメです。

最初にサラダを全部食べきってから、食事を進めましょう。

・サラダを最初に食べる理由

サラダや汁物を最初に食べることによって、血糖値の急上昇を抑えてくれます。

血糖値の急上昇はダイエットの天敵です。

ダイエットを成功させる為には、血糖値を上げずにコントロールするのがポイントです。

低糖質ダイエットも、血糖値の上昇が抑えれるので痩せやすいです。

・血糖値が急上昇するタイミング

・空腹にドカ食い

・糖質の摂取

・早食い

このような習慣がある人は、サラダから食べてよく噛んで食べるのを意識してください。

・夜の脂をカットする

唐揚げや、天ぷら、ステーキなど夜ご飯で食べる習慣がある人は要注意。

ステーキは赤身なら大丈夫!と思ったら大間違い…

赤身でも脂質は意外と含まれて、カロリー高い食材です。

夜ご飯の油は、太るだけでなく生活習慣病のリスクもあげるので気をつけましょう。

とんかつに必ずと言っていいほどキャベツが付いているのは、キャベツがとんかつの油の吸収を抑える働きがあるからです!

このように、揚げ物が出た場合は、サラダを先にしっかり食べることで多少油対策ができます。

お肉食べる場合は、鶏胸肉、ささみなど脂の少ない部位を選べると良いです。

外食や付き合いで思うように食材を選べない時は、サプリメントを使うのもおすすめです。

外食前におすすめなのは、賢者の食卓です。

手軽に手に入って、持ち運びも便利です!

賢者の食卓ダブルサポート 30包×2箱

新品価格
¥3,300から
(2020/5/10 15:22時点)

 

まとめ

ダイエットを成功させるための3つの習慣

・夜ご飯を少なくする

・サラダor汁物を最初に食べ切る

・夜に油をとりすぎない。

低糖質や低脂質など、様々なダイエットの食事がありますが何をするにしても、この3つの習慣を意識してください。

この習慣が守れると、リバウンドすることもなくなります。

一時的な取り組みではなく、しっかり習慣化させましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました