LINE
お問合わせ

下半身が太い、、、必ず痩せるストレッチ!!

ストレッチ

小さい頃から下半身が太い

何をしても下半身が痩せない

こう悩む女性は多いのではないでしょうか。

下半身痩せダイエットがしたいなら

股関節ストレッチが有効です。

下半身を痩せたい!

というのは、多くの女性が

思い焦がれていることですよね。

しかし、股関節が硬く、可動域か狭いと

下半身太りになりやすいです。

バレリーナやフィギュアスケートの

美しいスタイルに魅了されてしまいますが

あの股関節の柔軟性があれば?

と思うこともありますよね。

美しい下半身、痩せる下半身のカギは

「股関節の柔らかさ」にあったのです!

 

股関節とは

股関節ってよくききますが

正確な場所を知っていますか?

股関節とは

太ももの骨(大腿骨)と骨盤の接合部を指します。

内臓などを支える骨盤と脚をつないでくれる部分が

股関節で骨盤と脚をつなぐ重要パーツなのです。

股関節のまわりには

たくさんの筋肉がついています。

その数はなんと23です。

他の体の関節と比べていろんな動きができるのは

この筋肉の数が多いおかげです。

たとえば、前に曲げて後ろに伸ばす

外側にも内側にも動かせる

内股や外股のようにねじる…などなど。

股関節が硬いと筋肉が使われないので衰え

下半身痩せとはほど遠くなってしまいます。

逆に言えば、股関節が柔らかいと可動域が広がり

より多くに筋肉が鍛えられて

下半身痩せにつながるというわけです。

 

ストレッチによるむくみや冷えの解消

むくみや冷えの解消にも

股関節の柔らかさが影響します。

股関節はリンパが集中しているので

老廃物が溜まりやすいところ。

股関節が硬いとすぐに詰まり

むくみや冷え、セルライトなどになってしまうのです。

股関節を柔らかくすると

体の老廃物などを流してくれる

リンパの流れをストレッチで流してあげると

下半身がスッキリしてきます。

 

顔の歪みに関わる股関節

股関節は顔の歪みにまでも

関わりがあります。

股関節から生じた歪みは

骨盤から背骨首へと広がり

なんと頭蓋骨や顔にまで影響。

顔の左右が非対称になる

瞼がむくむ、目が小さくなる

頬骨が落ち込み老け顔になるという状態に。

いくらお顔のケアをしても

股関節が原因ならそこを

改善しないと意味がありません。

ではみなさんが夢の美脚になるために

家でやってほしい

股関節を柔らかくして下半身太りを

解消する股関節ストレッチをご紹介します。

◯開脚

内転筋(太もも内側)

1.骨盤をたて

つま先がなるべく天井を

向くよう心がけます。

2.息をゆっくり吐きながら前に倒れ

内腿が伸びているのを感じましょう。

前屈

ハムストリングス(もも裏)

1.足をまっすぐ伸ばし

息を吐きながら前屈します。

2,ご自分の体の柔軟性に合わせて

足首をらもったり、つま先をもったりと

変えていきましょう。

3.そのときに、膝が浮くようであれば

少し緩めて、気持ちよいくらいの

ストレッチにしましょう。

臀部

大臀筋(おしり)

1.膝をほぼ直角にまげ、外に倒します。

2.胸を張り、骨盤を立てながら

体を前に倒します。

3.窮屈であれば、ここちよい膝の角度に

変えてみてください。

柔軟性がありすぎたり

なさすぎたりと

股関節周辺の筋肉の

柔軟性バランスが悪いと

使いすぎて張ったり

骨盤の歪みに繋がり

足が太くなったりと

下半身に影響を及ぼします。

一通り柔軟をしてみて

硬いところを重点的に

ストレッチしていきましょう。

ストレッチで下半身太り解消

必ずできます。

ぜひ、頑張ってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました