LINE
お問合わせ

猫背、肩こり、四十肩でお悩みの方!小胸筋をほぐす事で得られる数多くのメリット

ストレッチ

 

猫背、巻き肩、肩こり、

首こり、四十肩、五十肩、眠りが浅い…

これらの原因には共通してとある筋肉が

硬くなってしまうことで起こることがあります。

それが「小胸筋」です。

様々な問題を引き起こしてしまう小胸筋に対する

簡単なセルフストレッチをご紹介します。

 

小胸筋とは?

筋肉を知らない人でも名前くらいは

知ってる有名な胸の筋肉、大胸筋。

その大胸筋の裏に隠れてるのが

「小胸筋」です。

いわゆるインナーマッスル

と言われる筋肉です。

硬くなる原因

 

私達人間は日常生活の中で

上や横を向くよりも圧倒的に

下を向く動作が多いのです。

普段の生活を振り返ってみましょう。

顔を洗う、食事をする、靴下、靴を履く

スマホ操作、PC操作、読書

勉強、料理、物を拾うetc…

挙げていくときりがありませんね。

このように下を向く動作が多いので

必然的に背中が丸まり

胸が縮こまることで

小胸筋がどんどん硬くなっていきます。

 

質の高い睡眠

猫背によって凝りや肩が上がらなくなる事は

イメージつくけど

それと睡眠が関係あるの?

と思った方。

実は背中が丸まって胸が圧迫される事で

呼吸が浅くなり

体がリラックスせず

睡眠の質にも影響を及ぼしてしまいます。

 

改善方法

猫背を治すなら

背中や肩甲骨をアプローチしたほうがいいのでは?

と思われがちです。

もちろん間違いではありませんが

小胸筋は肩甲骨の前方に出っ張った

突起部分である

烏口突起という所から

肋骨にくっついています。

実は胸の筋肉ですが

背中の肩甲骨に付着しているのです。

ここが硬くなることで

肩甲骨を前に前に引っ張り出してしまうので

猫背や巻き肩が酷くなってしまう

大きな要因となりうるのです。

小胸筋ほぐし

体を軽く前傾して腕を垂らす。

小胸筋を指3本で押しながら

腕を小刻みに回す。

小胸筋ストレッチ

壁から一歩離れて横向きに真っ直ぐ立つ

手を真っ直ぐ伸ばして手のひらを壁につける

壁に体重をあずけて胸を開くように伸ばす

徐々に手を後ろにずらす

それぞれ左右30秒ずつ行ってください。

少しでもお困りの方は試す価値ありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました